「秋田まるごと市」出店運営事業 (1) トータルサポートアドバイザー事業 (75) なかいちチャレンジショップ (2) ブランドチャレンジモデル事業 (15) 中央会からのお知らせ (1) 中小企業団体ゴルフ大会 (3) 事業承継セミナー (1) 介護事業者防災対策懇談会 (2) 先進事例研究セミナー事業 (5) 地区別組合代表者懇談会 (3) 地域ブランド活用推進懇談会 (2) 外国人受入制度セミナー開催事業 (2) 女性起業支援セミナー (8) 女性起業支援事業 (4) 官公需受注対策懇談会 (4) 年度末事務セミナー (7) 情報連絡員業況提供事業 (2) 感染症対策経営支援事業 (2) 新春経営トップセミナー (5) 新設組合フォローアップ事業 (17) 新設組合支援事業 (10) 木材・木製品販路開拓懇談会 (1) 東北・北海道ブロック中央会指導員研究会 (1) 海外ビジネス展開事業者懇談会 (1) 特産品創出プロジェクト事業 (8) 産学連携高齢者食提供サービス事業 (7) 社会環境変化対応セミナー (2) 秋田市農業ビジネス創業支援セミナー (3) 管工事業危機対応力強化懇談会 (1) 米加工品分野販路開拓支援業務 (5) 組合役職員スキルアップセミナー (10) 組合技能・技術養成事業 (4) 組合活力向上事業 (132) 組合設立支援事業 (3) 組合資料収集加工事業 (1) 組合連携コーディネート事業 (11) 組合運営懇談会 (3) 経営リノベーション事業 (14) 経営力強化支援事業 (27) 連携組織化促進事業 (22) 青年部研究会事業 (53) 頑張る組合応援事業 (1) 食品事業者サポートネットワーク事業 (2) 食品事業者サポートネットワーク構築事業 (7) 食品関連事業者セミナー (1)

協同組合秋田県家具工業会を対象に組合活力向上事業を実施しました。

令和5年2月1日(水)、協同組合秋田県家具工業会を対象に、標記事業を実施しました。 本研修会は、「インボイス制度の概要と対応策について」をテーマに、消費税課税事業者届を含め適格請求書発行事業者等について理解することで、インボイス制度へのスムーズな対応を図るため実施しました。

J-one国際人材協同組合を対象に組合活力向上事業(第2回)を実施しました。

令和4年11月18日(金)、J-one国際人材協同組合を対象に、標記事業を実施しました。組合員工場では、焼き鳥などの惣菜の売上は増加している一方で、工場での労働力確保は依然として難しく、生産性向上が課題となっています。そこで、本事業では、株式会社日本能率協会コンサルティング 廣田正人 様を招聘し、製造現場の作業改善に繋げるための研修会を行いました。  

設計チームおおだて協同組合を対象に組合活力向上事業(第2回)を実施しました

令和4年10月28日(金)、設計チームおおだて協同組合を対象に、標記事業を実施しました。本研修会では、株式会社三井ホームデザイン研究所で一級建築士の川中彰平氏から、自身が設計を行った大分県木材(協連)の会館等のCLT建築設計の事例を踏まえ、接合金具や構造計算のポイントを具体的に示して頂きました。今後、民間工事への提案時に壁や床等にCLTを盛り込んだ設計提案を行い、受注獲得に向けて取り組む予定です。    

秋田県生コンクリート工業組合を対象に第1回組合活力向上事業を実施しました。

令和4年10月27日(木)、秋田県生コンクリート工業組合を対象に標記事業を実施しました。生コンクリート業界では、全国的な需要の減少と供給過多の状況が続き、組合員の利益が損なわれる一因となっています。そこで、本事業では他県の生コン工場の集約化の事例から、集約化の手法やプロセス、費用等を学び、将来の販売価格及び出荷数量の安定化に結び付けるため、研修会を開催しました。

秋田県遊技業協同組合を対象に組合活力向上事業を実施しました!

令和4年9月21日(水)、秋田市の遊学舎において秋田県遊技業協同組合(松岡信吉理事長)を対象に組合活力向上事業を開催しました。、講師に業界誌「Fame」を発行するほくとう通信社代表の友道学氏と合同会社エンパチ総研代表社員の茂木欣人氏を招き、厳しい経営環境下にある中小ホールの売上確保の方策、並びに今後導入が予定されているスマート遊技機をめぐる諸課題と対応について学びました。

設計チームおおだて協同組合を対象に組合活力向上事業(第1回)を実施しました

令和4年9月21日(水)、設計チームおおだて協同組合を対象に、標記事業を実施しました。本事業では、新たな建築材であるCLTと従来の集成材との性能の違いや施工事例を学び、CLTを活用した建築設計の知識習得による公共工事等の受注獲得に繋げることを目的に研修会を開催しました。当日は、CLTの特長や国内外における施行事例、RC造等との違いについて、一般社団法人日本CLT協会の河合顧問から解説を頂きました。  

J-one国際人材協同組合を対象に組合活力向上事業(第1回)を実施しました。

令和4年8月26日(金)、J-one国際人材協同組合を対象に、標記事業を実施しました。当組合は組合員が県内外に分散しているため、本会が実施する外国人技能実習制度適正化事業において専門家による訪問指導を受けることができない状況となっています。そこで、本事業では、組合員工場の技能実習生監理担当者等を対象に技能実習生の適正な受入に繋げるための研修会を行いました。

協同組合安心リフォーム協議会を対象に組合活力向上事業(第1回)を実施しました

令和4年7月13日(水)、協同組合安心リフォーム協議会を対象に、標記事業を実施しました。リフォーム需要の高い外壁や屋根塗装前の点検作業では、現場作業員の高齢化や人手不足等により作業効率が悪化しており、はしごや脚立での上り下りや高所作業におけるリスクも高まっています。そこで、本事業では、屋根・外壁診断におけるドローンの活用方法を学ぶことで、点検作業の効率化や安全性の向上に繋げることを目的とした研修会を行いました。

ハミングカード協同組合を対象に組合活力向上事業(第4回)を実施しました

令和4年2月10日(木)、ハミングカード協同組合を対象に、標記事業を実施しました。 当組合は、当組合のポイントカードを利用した顧客の購買履歴データを蓄積・分析できるシステムを構築しているもの、その利活用が十分に進んでいないことが課題となっていました。 そこで、本事業では、当組合員2社を対象に、購買データのRFM分析による分析・活用支援を行うことでモデルケースづくりを行うため、株式会社小室経営コンサルタントの小室社長を専門家として招聘し、その指導の下に取り組んできました。今回はその成果発表として、専門家による講演と2社による成果発表を行いました。 成果として、2社とも想定以上のDM反応率となったほか、これまでにない新たな気づきも得られました。組合は今後、他の組合員にも購買データの活用を普及すべく、取り組んでいく予定です。                  

秋田県電機商業組合を対象に組合活力向上事業・研修会を実施しました

令和4年1月22日(土)、秋田県電機商業組合を対象に標記事業を実施しました。 県内の家電販売店は、人口減少・少子高齢化による市場の縮小やスマートフォンの普及に伴うネット販売の拡大などにより、厳しい状況に置かれています。そこで、量販店同士の価格競争や統廃合、ネット販売など最新の動向を踏まえ、消費者の目線やニーズに合わせた新しい時代における地域家電販売店の地域密着ビジネスの方向性について研究しました。  

秋田市畳業協同組合様を対象に、組合活力向上事業を実施しました。

1月14日(金)と15日(土)、秋田市「秋田県建設労働組合会館」において、秋田市畳業協同組合を対象とした組合活力向上事業を開催しました。今回はオンラインにて、株式会社E-ComWorks  代表取締役 山本衣奈子 様を招聘し、組合員を対象とした接客・商談スキル向上のための講習を実施しました。 当組合では今後、一般住宅からの畳替業務の受注増加を目指しております。
[caption id="attachment_848" align="alignnone" width="640"] DSC_0218[/caption]

ハミングカード協同組合を対象に組合活力向上事業(第3回)を実施しました

令和3年11月29日(月)、ハミングカード協同組合を対象に、標記事業を実施しました。 当組合は、当組合のポイントカードを利用した顧客の購買履歴データを蓄積・分析できるシステムを構築しているもの、その利活用が十分に進んでいないことが課題となっています。 そこで、第3回目となる今回は、購買データのRFM分析により抽出した課題の解決策として、前回企画した販売促進策の結果確認を行うとともに、今後の更なる改善策について、専門家からアドバイスを行いました。    

協同組合安心リフォーム協議会を対象に第1回組合活力向上事業を実施しました。

リフォーム需要の高い外壁や屋根塗装前の点検作業では、現場作業員の高齢化や人手不足等により作業効率が悪化しており、はしごや脚立での上り下りや高所作業におけるリスクも高まっています。そこで、協同組合安心リフォーム協議会(中村瑞樹理事長)を対象に11月25日(木)Newテラス広小路において、屋根・外壁診断におけるドローン活用方法について学ぶための組合活力向上事業を実施しました。 講師を務めた(株)くまがい印刷の熊谷健司専務からは、ドローンの活躍の場面は年々拡大し、機体性能も向上している。安全確保と付加価値の高いサービス提供によりビジネスへ活用できる期待は非常に高いとの話がありました。 参加者は、実機を用いた性能テスト飛行可能エリアの確認など、ドローンに関する様々な情報に対して高い関心を示している様子でした。  

第2回管工事業危機対応力強化懇談会を開催しました

県内管工事業界における災害時等の危機対応力向上に資するため、研修会及び懇談会を計画し、8月に実施した第1回目ではBCPの概要を学ぶとともに東日本大震災や新型コロナウイルス感染症などへの対応について懇談を行ないました。このたび、第2回目を10月27日(水)に秋田市のホテルメトロポリタン秋田にて開催し、滋賀県の草津市管工事組合のBCP策定についてのご講演と、秋田管工事業協同組合が作成したBCP案のご発表を受けた上で、危機対応に関しての懇談を行いました。

秋田県電気工事工業組合を対象に第3回組合活力向上事業を実施しました

令和3年10月27日(水)ポリテクセンター秋田(潟上市)において、秋田県電気工事工業組合を対象に「低圧電気取扱業務に係る特別教育」を実施しました。 当日は組合員従業員20名が参加し、電気取扱い作業を安全に行うための知識及び技能を学び、7時間の講習終了後、低圧の充電電路や充電電路の支持物の敷設、点検、修理もしくは操作等の業務が可能となりました。

秋田醸友会を対象に第2回青年部研究会事業を実施しました

10月25日(月)午後3時より、秋田県酒造協同組合の青年部組織「秋田醸友会(高堂斐会長)」を対象に第2回青年部研究会事業を開催し、青年部員11名がオンライン参加しました。講師の(株)日本能率協会コンサルティング寺脇氏より、社員へ業務を指示する際に注意すべき点や、発言の裏側を探ること、社員が4つのタイプのいずれに該当するかをよく観察することなど、社員の教育方法と配慮すべき点について解説され、参加者からは「目から鱗の話が多く、内容は非常に濃かった。自社の取組に反映させていきたい」と話していました。

秋田県電気工事工業組合を対象に第2回組合活力向上事業を実施しました

令和4年1月2日より、高さ2メートル以上で作業床を設けることが困難な作業場においてフルハーネス型安全帯の着用が原則義務化となることを受け、令和3年10月18日(月)ポリテクセンター秋田(潟上市)において、秋田県電気工事工業組合を対象に「フルハーネス型安全帯の使用に係る安全衛生特別講習」を実施しました。 当日は組合員従業員24名が参加し、フルハーネスを着用しての吊り下がり体験など、座学と実技を交えた安全衛生特別講習が行われ、受講者は今後フルハーネス型安全帯が着用できるようになりました。当組合では、引き続き組合員従業員の技能に資するための研修会を実施していく予定です。

秋田県印刷工業組合を対象に第1回組合活力向上事業を実施しました

令和3年10月12日(火)ホテルメトロポリタン秋田において、秋田県印刷工業組合を対象に「SDGsを取り入れた経営戦略~選ばれる企業になるためには~」をテーマとしてた組合活力向上事業を実施しました。 講師の株式会社大川印刷 代表取締役社長 大川哲郎氏からは、SDGsの概要や自社の取組み(FSC認証紙や環境に優しいインキの使用、研究会の開催等)の紹介や、利益のみを追求することで生じる問題など、様々な内容について取り上げられました。 次回の研修会は11月9日(火)に、全日本印刷工業組合連合会が推し進めるデジタルトランスフォーメション(DX)をテーマに開催することとしています。

秋田県電気工事工業組合を対象に第1回組合活力向上事業を実施しました

令和3年10月13日(水)ポリテクセンター秋田(潟上市)において、秋田県電気工事工業組合を対象に「フルハーネス型安全帯の使用に係る安全衛生特別講習」をテーマとした組合活力向上事業(第1回)を実施しました。 高さ2メートル以上で作業床を設けることが困難な作業場において、来年1月2日よりフルハーネス型安全帯の着用が原則義務化となることから、その対応に向けて、ポリテクセンター秋田の行武指導員により、座学と実技講習が行われ、組合員従業員17名が参加しました。 次回は同内容で、10月18日(月)に開催を予定しています。  

秋田県中古自動車販売商工組合を対象に組合活力向上事業・研修会を実施しました

令和3年8月31日(火)、秋田県中古自動車販売商工組合を対象に、標記事業を実施しました。 当組合は、新型コロナウイルスの感染防止対策を取りながら事業を行う必要があるため、組合及び組合員企業では、中古自動車販売においてITを活用してインターネット上で車両確認や査定等を行う「非対面・非接触」によるサービス等の提供が課題となっています。そこで、コロナによる環境の変化やDX(デジタルトランスフォーメーション)の本来の意味を踏まえた上で、ITを活用した非対面・非接触によるサービスの提供方法について、中古自動車販売の大手企業の事例を交え、研究しました。