中央会の助成事業

1. 創業への支援

例えば、自分たちの夢を実現するため、グループで創業をお考えの方は、

企業組合設立支援

 企業組合による法人化を支援します。
    └企業組合についてはこちら(https://www.chuokai-akita.or.jp/kigyoukumiai.html

2. 組合及び組合員が抱えている課題等の解決を支援する事業

例えば、組合及び組合員企業が抱えている課題等を解決したい場合は

組合活力向上事業


  • 補助率
    原則として中央会が全額負担します。
  • 助成金額
    事業費目安 240千円

例えば、現場改善による生産性向上等に取り組みたい場合は

経営力強化支援事業

  • 事業内容
    (1)個別現場改善支援
     2組合(組合員企業)(支援回数 1組合あたり4回)
    (2)組合全体研修報告会(開催回数 各1回 計2回)
     支援対象事業所への支援終了後、業界(組合及び組合員企業等)へ支援事例を通じて改善の効果やノウハウ等をフィードバックするため、専門家を招致した研修・報告会を開催します。



例えば、組合・企業間連携による差別化を図りたい場合は

組合連携コーディネート事業

  • 事業内容
    連携による差別化(新製品・サービスの開発、既存の製品・サービスの魅力向上)につながる取り組みを、専門家を交えて支援します。(2組合)
     実施回数:研究会4回、事例発表

3. 人材を育成する事業

例えば、若手経営者、後継者で組織される青年部の研修を実施する場合は、

組合青年部研究会事業


  • 補助率
    中央会3/4、自己負担(実施組合負担)1/4で、補助金額上限200千円

4. 経営革新やビジョンづくりを支援

例えば、
・技術・技能の継承や後継者を育成したい
・規制緩和等による経営環境の変化への対応策を考えたい
・組合事業の見直しを図り、新規事業(新製品・新技術)を開拓・開発したい
・エネルギー・環境問題について専門家の指導を受けたい
・労働問題への対応を図りたい
・事業の構造改善及び新たな事業分野へ進出したい
・組合等の情報化を促進したい
・組合等を取り巻く業界の現況、経営環境を把握したい
・その他、中小企業が対応を迫られている問題を解決したい
等と考えている組合等には、

中小企業組合等活路開拓事業【全国中央会】

  • 実施事業内容
    1.調査・研究事業 2.試作・改造事業 3.実験・実用化試験事業 4.試供・求評事業
    5.ビジョン作成事業 6.成果普及講習会等開催事業 7.展示会等出展事業
  • 補助率・補助金額
    補助対象経費総額の6/10以内であって、11,588千円(予定)を限度とします。
    ただし、「展示会等出展事業」については、1,200千円(予定)を限度とします。

5. ITを活用して経営革新を促進する事業

例えば、組合等とその構成員企業の間で情報ネットワークを構築することで、経営革新を実現したい場合は、

組合等情報ネットワークシステム等開発事業【全国中央会】

  1. 1. 基本計画策定事業
    組合等が情報ネットワークシステム等の開発を目指した計画立案や、RFP(提案依頼書)策定等、並びに組合員等に対する講習会等開催の事業に助成します。(注)単純な調査研究・分析のみの事業は補助対象となりません。
    2. 情報システム構築事業
    組合等を基盤とする情報ネットワークの構築や、組合員及び関連する中小企業の業務効率化のためのアプリケーションシステムの開発で、当該情報システムの設計、開発、稼働・運用テスト等、並びに組合員等に対する講習会等の開催に助成します。(注)サーバー設置や関連機器の購入、リース、レンタルなど、ハードウェアに関する費用、システム構築後の運用に関する保守費用、操作指導などの教育費用などは補助対象となりません。
  • 補助金の限度額
    補助対象経費総額の10分の6以内であって11,588千円を限度とする。
  • 要件
    各事業((1)〜(2))ごとに事業実施に必要な条件が異なりますので、詳細についてはお問い合わせ下さい。