• home
  • あきた食品振興プラザ紹介

あきた食品振興プラザ紹介

設立の目的

食品産業は、日々の生活に欠くことができない食品を供給する産業として、また、地域農業の安定的な販路、県民の雇用の場として極めて重要な位置を占めていますが、最近の食品産業界をめぐる環境は、食生活の多様化、輸入食品の増加、消費者の安全・安心意識の高まり、環境への配慮など、一段と厳しさを増しています。
このような中、食品産業の振興を図るためには、業界全体の相互連携を強化するとともに関連業種との連携を図り、技術開発の推進をはじめ、人材育成、経営の合理化、消費者対策等を積極的に推進する必要があります。
そのためには食品産業界の組織強化が不可欠であることから、国、県の積極的な支援を受け、「秋田県食品産業振興会」(昭和55年発足)を発展的に改組して平成3年4月25日に「あきた食品振興プラザ」を設立しました。

活動の概要

あきた食品振興プラザは、秋田県における食品加工業その他これに関連する産業相互の連携を密にすることによって、食品産業等の健全な発展に資することを目的に活動しています。
具体的な事業としては、食品産業の動向把握や技術力向上のための指導、新製品の開発や販売促進に関する研修、異業種間の交流促進・情報交換、各種情報提供などを行っています。

  1. 情報提供事業
    • 国や全国の食品業界の動向、法律、補助事業等、会員に役立つ情報を提供するほか、個々の会員の求めに応じて販路情報やマーケティングに関する人材情報等の提供
  2. 技術力強化人材育成支援事業(食料産業クラスター形成促進)
    • 食品産業を取りまく諸課題や商品開発、販売促進などに関する研修会の開催
    • 経営、技術力向上のためのフードコーディネーターの巡回指導
    • 総合食品研究所の利活用による地域食品の製造・加工への新技術の導入、新製品の開発
  3. 販売展開推進事業
    • 秋田わかすぎ国体等を契機とした販路拡大のためのPR資材の作成・配布
    • 県内外の食品フェア等への参加
  4. 商品開発等支援
    • 商品開発のノウハウや技術的な支援について国や県、関係団体との連携を促進するための情報提供
    • フードコーディネーターによる巡回指導

組織と運営

あきた食品振興プラザは、食品製造業者等が組織する団体(1号会員)、食品製造業者等(2号会員)及び本会の目的に賛同する者(賛助会員)により構成されています。
事業の企画立案は企画委員会が行い、事業の執行は理事会が決定します。

会員企業(団体)数   (H22.4.1現在)
1号会員 : 19  2号会員 : 112   賛助会員 : 19

業種別会員紹介
  • 麺
  • パン
  • 菓子
  • 豆腐・こんにゃく
  • 佃煮・海産物
  • 味噌・醤油
  • 納豆
  • 漬物
  • 酒
  • 飲料
  • 製粉・精穀
  • 畜産
  • その他農産物・農産加工品
  • 賛助会員