秋田  (oke) & (taru)

木材資源に恵まれている秋田は、木材に携わる職人が多くおります。

古くから桶や樽は、生活に必要な道具でした。

しかし、いろいろなものに囲まれた現代は、

生活に潤いをもたらす製品、工芸品として、木の香り、木目の美しさが

幅広く見直され、我々も、開拓の道を歩んでいます。

我々は、現在も頑張っています。

  • 花器:秋田杉

    花器:秋田杉

  • 酒樽:秋田杉

    酒樽:秋田杉

  • 祝樽:秋田杉

    祝樽:秋田杉

  • 花器:秋田杉

    花器:秋田杉

  • 酒樽:秋田杉

    酒樽:秋田杉

  • 祝樽:秋田杉

    祝樽:秋田杉

秋田  (oke) & (taru)

木材資源に恵まれている秋田は、木材に携わる職人が多くおります。

古くから桶や樽は、生活に必要な道具でした。

しかし、いろいろなものに囲まれた現代は、

生活に潤いをもたらす製品、工芸品として、木の香り、木目の美しさが

幅広く見直され、我々も、開拓の道を歩んでいます。

我々は、現在も頑張っています。

  • 花器:秋田杉

    花器:秋田杉

  • 酒樽:秋田杉

    酒樽:秋田杉

  • 祝樽:秋田杉

    祝樽:秋田杉

秋田  (oke) & (taru)

木材資源に恵まれている秋田は、木材に携わる職人が多くおります。

古くから桶や樽は、生活に必要な道具でした。

しかし、いろいろなものに囲まれた現代は、

生活に潤いをもたらす製品、工芸品として、木の香り、木目の美しさが

幅広く見直され、我々も、開拓の道を歩んでいます。

我々は、現在も頑張っています。

                                              

 

                   

                     秋田の桶と樽

                                              

 

                   

                     秋田の桶と樽

                                              

 

                   

                     秋田の桶と樽

                                   秋田で、桶や樽を作っています。

  名  称  :    秋田杉桶樽協会

  代表者 :       会長    日景  義雄

  住  所  :    秋田県大館市釈迦内字土肥17-3(㈲日樽 )

                    TEL  0186-48-4153    FAX  0186-48-6877

 

    我々は、昔ながらの技法を守り、秋田で桶や樽を作っています。

 

          主な原材料は、秋田杉です。一部、ヒバ等も使います。

          たがは、竹 (真竹)、銅、真鍮です。

 

                秋田杉 ⇒   桶 ( おひつ・すし半切・味噌桶等 ),

                               お風呂用(湯桶・手桶・足湯盥  等 ) 

                                樽 ( 酒樽・祝樽・銚子樽・醤油樽等 )        

                 ヒ バ  ⇒    ( お風呂用湯桶・風呂桶・足湯用盥  等  )

                などを作ります。

正会員

 

 

会員は、正会員5社、

            伝統工芸士3名です。

そして、協賛企業がおります。

 

企業名をクリックすると、企業の詳細ページになります。

 

              

 (有) 日樽 (クリック)

会 社 名  :  (有) 日 樽

代 表 者  :      日景 義雄

住 所 :秋田県大館市釈迦内字土肥17-3

 電  話    :  TEL   0186-48-4153

                 FAX  0186-48-6877

主な製品:酒樽・お風呂用湯桶・

              おひつ・すし半切・漬物桶・

              桶グラス・コップ・等   

  U R L   :

         酒樽

 

 

能代製樽所 (クリック)

 

会 社 名   :    能代製樽所

代表者名  :       畠  次郎

住  所      :    秋田県能代市後谷地2

電  話      :       tel   0185-52-5622

                       fax   0185-52-8131  

主な製品  :    酒樽、麹蓋、等

 U R L    :

 

酒樽:秋田杉

(有)樽冨かまた(クリック)

会 社 名   :      (有) 樽冨かまた

代表者名 :             鎌田  勇平

住  所    :  秋田県能代市末広町4-3

電  話    :      tel  0185-52-2539

                    fax  0185-55-1527

主な製品  :  おひつ、祝樽、銚子樽、

                  花器、洗い桶、漬物桶、等

U R L  :

 

傘立・スツール   

 

清水桶屋(クリック)

会 社 名  :   清水桶屋

代表者名 :      清水 康孝

住   所   :  能代市真壁地字道添65-3

電   話   :       tel   0185-52-7779

                     fax   0185-52-7779

主な製品 : 花器・漬物桶・グラス・

                コップ・おひつ・すし半切・

                桶類全般、

    U R L    :

 

  

秋田杉桶樽

伝統工芸士

秋田杉桶樽には、

厳しい技術審査と筆記試験をうけ、

合格した伝統工芸士が、3名おります。

それぞれ伝統技術を守り、

そして、切磋琢磨しながら

新しい製品・用途へと、

思いを巡らし努力を重ねています。

 

秋田杉桶樽伝統工芸士

    日景 義雄 (秋田県大館市)

    田中 久則 (秋田県大館市)

    佐藤 秋男 (秋田県北秋田市)

 

                                   秋田で、桶や樽を作っています。

  名  称  :    秋田杉桶樽協会

  代表者 :       会長    日景  義雄

  住  所  :    秋田県大館市釈迦内字土肥17-3(㈲日樽 )

                    TEL  0186-48-4153    FAX  0186-48-6877

 

    我々は、昔ながらの技法を守り、秋田で桶や樽を作っています。

 

          主な原材料は、秋田杉です。一部、ヒバ等も使います。

          たがは、竹 (真竹)、銅、真鍮です。

 

                秋田杉 ⇒   桶 ( おひつ・すし半切・味噌桶等 ),

                               お風呂用(湯桶・手桶・足湯盥  等 ) 

                                樽 ( 酒樽・祝樽・銚子樽・醤油樽等 )        

                 ヒ バ  ⇒    ( お風呂用湯桶・風呂桶・足湯用盥  等  )

                などを作ります。

正会員

 

 

会員は、正会員5社、

            伝統工芸士3名です。

そして、協賛企業がおります。

 

企業名をクリックすると、企業の詳細ページになります。

 

              

 (有) 日樽 (クリック)

会 社 名  :  (有) 日 樽

代 表 者  :      日景 義雄

住 所 :秋田県大館市釈迦内字土肥17-3

 電  話    :  TEL   0186-48-4153

                 FAX  0186-48-6877

主な製品:酒樽・お風呂用湯桶・

              おひつ・すし半切・漬物桶・

              桶グラス・コップ・等   

  U R L   :

         酒樽

 

 

能代製樽所 (クリック)

 

会 社 名   :    能代製樽所

代表者名  :       畠  次郎

住  所      :    秋田県能代市後谷地2

電  話      :       tel   0185-52-5622

                       fax   0185-52-8131  

主な製品  :    酒樽、麹蓋、等

 U R L    :

 

酒樽:秋田杉

(有)樽冨かまた(クリック)

会 社 名   :      (有) 樽冨かまた

代表者名 :             鎌田  勇平

住  所    :  秋田県能代市末広町4-3

電  話    :      tel  0185-52-2539

                    fax  0185-55-1527

主な製品  :  おひつ、祝樽、銚子樽、

                  花器、洗い桶、漬物桶、等

U R L  :

 

傘立・スツール   

 

清水桶屋(クリック)

会 社 名  :   清水桶屋

代表者名 :      清水 康孝

住   所   :  能代市真壁地字道添65-3

電   話   :       tel   0185-52-7779

                     fax   0185-52-7779

主な製品 : 花器・漬物桶・グラス・

                コップ・おひつ・すし半切・

                桶類全般、

    U R L    :

 

  

秋田杉桶樽

伝統工芸士

秋田杉桶樽には、

厳しい技術審査と筆記試験をうけ、

合格した伝統工芸士が、3名おります。

それぞれ伝統技術を守り、

そして、切磋琢磨しながら

新しい製品・用途へと、

思いを巡らし努力を重ねています。

 

秋田杉桶樽伝統工芸士

    日景 義雄 (秋田県大館市)

    田中 久則 (秋田県大館市)

    佐藤 秋男 (秋田県北秋田市)

 

                                   秋田で、桶や樽を作っています。

  名  称  :    秋田杉桶樽協会

  代表者 :       会長    日景  義雄

  住  所  :    秋田県大館市釈迦内字土肥17-3(㈲日樽 )

                    TEL  0186-48-4153    FAX  0186-48-6877

 

    我々は、昔ながらの技法を守り、秋田で桶や樽を作っています。

 

          主な原材料は、秋田杉です。一部、ヒバ等も使います。

          たがは、竹 (真竹)、銅、真鍮です。

 

                秋田杉 ⇒   桶 ( おひつ・すし半切・味噌桶等 ),

                               お風呂用(湯桶・手桶・足湯盥  等 ) 

                                樽 ( 酒樽・祝樽・銚子樽・醤油樽等 )        

                 ヒ バ  ⇒    ( お風呂用湯桶・風呂桶・足湯用盥  等  )

                などを作ります。

正会員

 

 

会員は、正会員5社、

            伝統工芸士3名です。

そして、協賛企業がおります。

 

企業名をクリックすると、企業の詳細ページになります。

 

              

 (有) 日樽 (クリック)

会 社 名  :  (有) 日 樽

代 表 者  :      日景 義雄

住 所 :秋田県大館市釈迦内字土肥17-3

 電  話    :  TEL   0186-48-4153

                 FAX  0186-48-6877

主な製品:酒樽・お風呂用湯桶・

              おひつ・すし半切・漬物桶・

              桶グラス・コップ・等   

  U R L   :

         酒樽

 

 

能代製樽所 (クリック)

 

会 社 名   :    能代製樽所

代表者名  :       畠  次郎

住  所      :    秋田県能代市後谷地2

電  話      :       tel   0185-52-5622

                       fax   0185-52-8131  

主な製品  :    酒樽、麹蓋、等

 U R L    :

 

酒樽:秋田杉

(有)樽冨かまた(クリック)

会 社 名   :      (有) 樽冨かまた

代表者名 :             鎌田  勇平

住  所    :  秋田県能代市末広町4-3

電  話    :      tel  0185-52-2539

                    fax  0185-55-1527

主な製品  :  おひつ、祝樽、銚子樽、

                  花器、洗い桶、漬物桶、等

U R L  :

 

傘立・スツール   

 

清水桶屋(クリック)

会 社 名  :   清水桶屋

代表者名 :      清水 康孝

住   所   :  能代市真壁地字道添65-3

電   話   :       tel   0185-52-7779

                     fax   0185-52-7779

主な製品 : 花器・漬物桶・グラス・

                コップ・おひつ・すし半切・

                桶類全般、

    U R L    :

 

  

秋田杉桶樽

伝統工芸士

秋田杉桶樽には、

厳しい技術審査と筆記試験をうけ、

合格した伝統工芸士が、3名おります。

それぞれ伝統技術を守り、

そして、切磋琢磨しながら

新しい製品・用途へと、

思いを巡らし努力を重ねています。

 

秋田杉桶樽伝統工芸士

    日景 義雄 (秋田県大館市)

    田中 久則 (秋田県大館市)

    佐藤 秋男 (秋田県北秋田市)

 

古くから、桶や樽は、生活道具です。

                                      秋田杉桶樽協会

「秋田の桶と樽」沿革

桶や樽は、地域で必要とされていた、生活道具でした。

  そして、我々も職人仲間から組合組織へと、活動範囲が広がりました。

 

       大正12年   秋田県樽材同業組合の設立

       昭和23年   秋田県木工業協同組合連合会:桶・和樽・樽丸部門として発足。

       昭和58年        秋田杉桶樽協同組合を結成、法人化。

           昭和59年5月30日    国の伝統的工芸品『秋田杉桶樽』として、指定されました。

             平成 8年 2月26日    秋田県の伝統的工芸品に指定されました。

       平成20年11月       秋田杉桶樽協会の発足。

       平成20年12月       秋田杉桶樽協同組合を解散。

       平成21年   1月     秋田杉桶樽協会が、全ての事業・活動を引き継ぎ。

       現在に至る。

       加入団体  :  (一財)伝統的工芸品産業振興協議会  ・日本伝統工芸士会

                            東北地域伝産法指定産地連絡協議会 ・ 東北伝統工芸士会

                            秋田県伝統的工芸品等産業振興協議会

                            秋田県中小企業団体中央会

 

 生活道具です

         ​クリック

 

桶や樽つくりの歴史は古く、しかも、暮らしに密接に関わってきました。

平安時代建造された秋田城跡から、その破片が発見されています。

江戸時代は、秋田藩主の奨励もあり、藩の保護のもと『産地形成と樽屋仲間の掟』が定められ、

昭和時代まで続きました。

秋田の桶や樽は、頑丈さが人気となり、

明治時代は、ご飯を入れる『おひつ』、家庭用の洗濯用『盥』、

大正時代は、樽の需要が増し、酒樽・醤油樽、そして、漬物桶・すし桶等、

しかし、1960年代初頭、時代の波により、台所から姿を消していきました。

でも、幕を閉じたわけではなく、自然素材の温もりと人の手によって作り出される温かみが、

見直されてきております。

 

 「秋田の桶と樽」

       ​クリック

 

桶や樽は、とても身近なところにある、生活必需品でした。

現在も、昔ながらの製作工程、手作りで作られています。

 

1、素材加工 丸太から柾目板・板目板の榑(縦長の板の小片)を作り、乾燥します。

2、榑加工  自然乾燥・人工乾燥により、水分量を抑えた榑を、

                     特殊な刃物、外銑・内銑で外形を整えます。

3、たが加工 桶や樽の外周に合わせ、竹たがを編みます。銅や真鍮の場合は、継手加工をします。

4、組立て加工 榑立て・たがかけ・そこ入れ・蓋、工程の種類の多いところです。

5、付属加工  組立て仕上げをしながら、底蓋・栓・呑み口竹、等、製品に必要な作業をします。

6、塗り仕上げ 表面や内の木地磨きをして、必要に応じて、塗りを施します。

7、完成品

 

すべてが、大切な工程です。

古くから、桶や樽は、生活道具です。

                                      秋田杉桶樽協会

「秋田の桶と樽」沿革

桶や樽は、地域で必要とされていた、生活道具でした。

  そして、我々も職人仲間から組合組織へと、活動範囲が広がりました。

 

       大正12年   秋田県樽材同業組合の設立

       昭和23年   秋田県木工業協同組合連合会:桶・和樽・樽丸部門として発足。

       昭和58年        秋田杉桶樽協同組合を結成、法人化。

           昭和59年5月30日    国の伝統的工芸品『秋田杉桶樽』として、指定されました。

             平成 8年 2月26日    秋田県の伝統的工芸品に指定されました。

       平成20年11月       秋田杉桶樽協会の発足。

       平成20年12月       秋田杉桶樽協同組合を解散。

       平成21年   1月     秋田杉桶樽協会が、全ての事業・活動を引き継ぎ。

       現在に至る。

       加入団体  :  (一財)伝統的工芸品産業振興協議会  ・日本伝統工芸士会

                            東北地域伝産法指定産地連絡協議会 ・ 東北伝統工芸士会

                            秋田県伝統的工芸品等産業振興協議会

                            秋田県中小企業団体中央会

 

 生活道具です

         ​クリック

 

桶や樽つくりの歴史は古く、しかも、暮らしに密接に関わってきました。

平安時代建造された秋田城跡から、その破片が発見されています。

江戸時代は、秋田藩主の奨励もあり、藩の保護のもと『産地形成と樽屋仲間の掟』が定められ、

昭和時代まで続きました。

秋田の桶や樽は、頑丈さが人気となり、

明治時代は、ご飯を入れる『おひつ』、家庭用の洗濯用『盥』、

大正時代は、樽の需要が増し、酒樽・醤油樽、そして、漬物桶・すし桶等、

しかし、1960年代初頭、時代の波により、台所から姿を消していきました。

でも、幕を閉じたわけではなく、自然素材の温もりと人の手によって作り出される温かみが、

見直されてきております。

 

 「秋田の桶と樽」

       ​クリック

 

桶や樽は、とても身近なところにある、生活必需品でした。

現在も、昔ながらの製作工程、手作りで作られています。

 

1、素材加工 丸太から柾目板・板目板の榑(縦長の板の小片)を作り、乾燥します。

2、榑加工  自然乾燥・人工乾燥により、水分量を抑えた榑を、

                     特殊な刃物、外銑・内銑で外形を整えます。

3、たが加工 桶や樽の外周に合わせ、竹たがを編みます。銅や真鍮の場合は、継手加工をします。

4、組立て加工 榑立て・たがかけ・そこ入れ・蓋、工程の種類の多いところです。

5、付属加工  組立て仕上げをしながら、底蓋・栓・呑み口竹、等、製品に必要な作業をします。

6、塗り仕上げ 表面や内の木地磨きをして、必要に応じて、塗りを施します。

7、完成品

 

すべてが、大切な工程です。

古くから、桶や樽は、生活道具です。

                                      秋田杉桶樽協会

「秋田の桶と樽」沿革

桶や樽は、地域で必要とされていた、生活道具でした。

  そして、我々も職人仲間から組合組織へと、活動範囲が広がりました。

 

       大正12年   秋田県樽材同業組合の設立

       昭和23年   秋田県木工業協同組合連合会:桶・和樽・樽丸部門として発足。

       昭和58年        秋田杉桶樽協同組合を結成、法人化。

           昭和59年5月30日    国の伝統的工芸品『秋田杉桶樽』として、指定されました。

             平成 8年 2月26日    秋田県の伝統的工芸品に指定されました。

       平成20年11月       秋田杉桶樽協会の発足。

       平成20年12月       秋田杉桶樽協同組合を解散。

       平成21年   1月     秋田杉桶樽協会が、全ての事業・活動を引き継ぎ。

       現在に至る。

       加入団体  :  (一財)伝統的工芸品産業振興協議会  ・日本伝統工芸士会

                            東北地域伝産法指定産地連絡協議会 ・ 東北伝統工芸士会

                            秋田県伝統的工芸品等産業振興協議会

                            秋田県中小企業団体中央会

 

 生活道具です

         ​クリック

 

桶や樽つくりの歴史は古く、しかも、暮らしに密接に関わってきました。

平安時代建造された秋田城跡から、その破片が発見されています。

江戸時代は、秋田藩主の奨励もあり、藩の保護のもと『産地形成と樽屋仲間の掟』が定められ、

昭和時代まで続きました。

秋田の桶や樽は、頑丈さが人気となり、

明治時代は、ご飯を入れる『おひつ』、家庭用の洗濯用『盥』、

大正時代は、樽の需要が増し、酒樽・醤油樽、そして、漬物桶・すし桶等、

しかし、1960年代初頭、時代の波により、台所から姿を消していきました。

でも、幕を閉じたわけではなく、自然素材の温もりと人の手によって作り出される温かみが、

見直されてきております。

 

 「秋田の桶と樽」

       ​クリック

 

桶や樽は、とても身近なところにある、生活必需品でした。

現在も、昔ながらの製作工程、手作りで作られています。

 

1、素材加工 丸太から柾目板・板目板の榑(縦長の板の小片)を作り、乾燥します。

2、榑加工  自然乾燥・人工乾燥により、水分量を抑えた榑を、

                     特殊な刃物、外銑・内銑で外形を整えます。

3、たが加工 桶や樽の外周に合わせ、竹たがを編みます。銅や真鍮の場合は、継手加工をします。

4、組立て加工 榑立て・たがかけ・そこ入れ・蓋、工程の種類の多いところです。

5、付属加工  組立て仕上げをしながら、底蓋・栓・呑み口竹、等、製品に必要な作業をします。

6、塗り仕上げ 表面や内の木地磨きをして、必要に応じて、塗りを施します。

7、完成品

 

すべてが、大切な工程です。

                        伝統的な技術・技法による桶や樽です。

    私たちは次の展示会やイベントに出かけます。ご覧ください。

 秋田の伝統的工芸品展

 

 

    『  秋田の伝統工芸品展  』  ~ 手しごとが生きる暮らしの提案  ~

 

    会  期  :    平成28年12月9日(金) ~ 12月21日(水)

 

    場  所  :    東京・赤坂  伝統工芸 青山スクエア

 

                                                          

 

 とうほく伝統的工芸品フェア

    (クリック)         2016

 とうほく伝統的工芸品フェア  2016

 

      会  期  :    平成28年12月10日(土)~12月11日(日)

      場  所  :    宮城県栗原市、エポカ

        おひつ・すし半切・グラス・ワインクーラー等、たくさん出品します。

      秋田杉・おひつ   秋田杉・グラス   秋田杉・ぐい呑

 

 

 伝統的工芸品展 WAZA 2017

     (クリック)         

伝統的工芸品展 WAZA 2017   暮らしに寄り添う、ニッポンの美。

 

      会  期  :      平成29年2月    日(木)~    日(火)

      場  所  :      東京・池袋、東武百貨店・池袋店( 8F 催事場 1~3番地)

                                                      

                                                          

 

                        伝統的な技術・技法による桶や樽です。

    私たちは次の展示会やイベントに出かけます。ご覧ください。

 秋田の伝統的工芸品展

 

 

    『  秋田の伝統工芸品展  』  ~ 手しごとが生きる暮らしの提案  ~

 

    会  期  :    平成28年12月9日(金) ~ 12月21日(水)

 

    場  所  :    東京・赤坂  伝統工芸 青山スクエア

 

                                                          

 

 とうほく伝統的工芸品フェア

    (クリック)         2016

 とうほく伝統的工芸品フェア  2016

 

      会  期  :    平成28年12月10日(土)~12月11日(日)

      場  所  :    宮城県栗原市、エポカ

        おひつ・すし半切・グラス・ワインクーラー等、たくさん出品します。

      秋田杉・おひつ   秋田杉・グラス   秋田杉・ぐい呑

 

 

 伝統的工芸品展 WAZA 2017

     (クリック)         

伝統的工芸品展 WAZA 2017   暮らしに寄り添う、ニッポンの美。

 

      会  期  :      平成29年2月    日(木)~    日(火)

      場  所  :      東京・池袋、東武百貨店・池袋店( 8F 催事場 1~3番地)

                                                      

                                                          

 

                        伝統的な技術・技法による桶や樽です。

    私たちは次の展示会やイベントに出かけます。ご覧ください。

 秋田の伝統的工芸品展

 

 

    『  秋田の伝統工芸品展  』  ~ 手しごとが生きる暮らしの提案  ~

 

    会  期  :    平成28年12月9日(金) ~ 12月21日(水)

 

    場  所  :    東京・赤坂  伝統工芸 青山スクエア

 

                                                          

 

 とうほく伝統的工芸品フェア

    (クリック)         2016

 とうほく伝統的工芸品フェア  2016

 

      会  期  :    平成28年12月10日(土)~12月11日(日)

      場  所  :    宮城県栗原市、エポカ

        おひつ・すし半切・グラス・ワインクーラー等、たくさん出品します。

      秋田杉・おひつ   秋田杉・グラス   秋田杉・ぐい呑

 

 

 伝統的工芸品展 WAZA 2017

     (クリック)         

伝統的工芸品展 WAZA 2017   暮らしに寄り添う、ニッポンの美。

 

      会  期  :      平成29年2月    日(木)~    日(火)

      場  所  :      東京・池袋、東武百貨店・池袋店( 8F 催事場 1~3番地)