歴史

 大館曲げわっぱは、きこりが杉柾で曲物の器を作ったことに始まったとされています。
 藩政時代に大館城主佐竹西家が領内の豊富な秋田杉に着目し、武士の内職として推奨しました。農民には年貢米の供出代替として、山から城下まで原木を運搬させたといいます。

製品は酒田・新潟・関東などへ運ばれました。江戸時代末期から近代にかけて職人たちが技法を受け継いできましたが、プラスチックの出廻り等により他産業への転向が相次ぎました。
 現在の本物志向の風潮に相まって、大館の曲げわっぱは、多くの人に愛されています。

 特徴

 天然秋田杉の柾目と香りが冴え、木目まっすぐで弾力に富んでいます。軽さと、明るく優美な木目が生かされた製品には、シンプルな味わいと気品があります。

 製法

 天然秋田杉を手割り、または製材により薄く剥いで、熱湯につけます。板が柔らかくなったところで取り上げ、台上でコロ(道具)に巻き込むようにして曲げ、重ね合わせ部を仮止めして自然乾燥させます。乾燥後、接ぎ手部を接着剤で接着した後、とじ穴を開け、この穴を桜皮で縫いとめます。蓋板または底板を入れ込み、接着して仕上げます。


江戸時代中頃の製品

         
     
   
   
       
   
   
       
   
   
       
   
   
       
   
   
       
   
   
       
   
   
       
   
   
       
   
   
       
   
   
       
         
製造工程


桜皮とじ


戻る
(C)大館曲げわっぱ協同組合
TEL 0186-49-5221 FAX 0186-57-8490
〒017-0842 秋田県大館市字馬喰町17