この技術は東光鉄工(株)が持っています
◆技術の名称 冷間形鋼大型デッキプレート曲げ加工技術
◆技術の特色 従来H型鋼の曲げ加工時に発生する材料の座屈及び波打ちを防止し曲げ半径を最小化できる技術を保有しております。秋田大学の技術指導のもと技術改良を重ね、H型鋼175Wサイズから350Wサイズの縦曲加工において国内で最小Rを実現しております。本技術を大型デッキプレートの曲げ加工にも応用し、倉庫、シェルター、車庫、冷蔵庫、通路上屋、屋内球技場等建築物や建築上屋の分野に活かしております。
◆セールスポイント 応用技術で開発された製品は「TOKOドーム」という特許製品です。
TOKOドームは左右対の大型デッキプレートをR曲げし天端で接合した製品で柱や粱がなく内部が有効活用できる特長を持っております。クレーンを設置した物流倉庫、上屋として通路や車庫に適応できます。3mの積雪に対する加重にも耐え、工場でのユニット製作により「広い・強い・早い」製品として全国規模で需要は順調に推移しております。
◆この技術を活用した
 工事実績等
大型ショッピングセンター通路上屋
高等学校屋内野球練習場
廃棄物保管倉庫
鉄筋加工場
屋外製品ヤード上屋
車両用車庫
バス停留所上屋
スノーシェルター
◆連絡先担当者 ベンダー事業部 営業課長 藤垣英明
◆東光鉄工(株)の企業紹介はここをクリック

ズリストックヤード
(W=22m L=35m)
産業廃棄物機械室上屋
(W=15m L=12m/W=10m L=32m)
産業廃棄物処理場上屋
(W=16m L=21m W=17m L=5m)
倉庫
(W=15m L=25m)
   

■組立工程  
1.天端ジョイント取付
2.採光窓取付
3.地組全景
4.吊上げ(地切前)
5.吊上げ
6.屋根材据付(妻面)
7.組立
8.組立
9.組立
10.組立
11.組立(三分割タイプ)
12.クレーン架設
13.妻面板金処理
14.土間完成
15.完成全景
16.完成全景

<<トップページへ戻る
技術紹介ページへ戻る>>