景況レポート
2009年3月以前のバックナンバーへ
 
2017-2
(No.681)
景況レポート12月分
景況DI値が4ヵ月ぶりに改善
2017-1
(No.680)
景況レポート11月分
景況DI値が3ヵ月連続で後退
2016-12
(No.679)
景況レポート10月分
景況DI値が2ヵ月連続で後退
2016-11
(No.678)
景況レポート9月分
景況DI値が再び後退
2016-10
(No.677)
景況レポート8月分
業界全体の景況感が3ヶ月ぶりに改善
2016-9
(No.676)
景況レポート7月分
県内景況は足踏み状態続く
2016-8
(No.675)
景況レポート6月分
業界全体の景況感がやや後退
2016-7
(No.674)
景況レポート5月分
業界全体の景況感が3ヵ月ぶりに改善
2016-6
(No.673)
景況レポート4月分
景況DI値が2ヵ月連続で後退
2016-5
(No.672)
景況レポート3月分
景況DI値が再び後退
2016-4
(No.671)
景況レポート2月分
業界全体の景況DI値が4ヶ月ぶりに改善
2016-3
(No.670)
景況レポート1月分
業界全体の景況感が3ヶ月連続で後退
2016-2
(No.669)
景況レポート12月分
12月までの暖冬により一部の業界で受注・売上が低迷
2016-1
(No.668)
景況レポート11月分
需要の低迷により景況感が悪化
2015-12
(No.667)
景況レポート10月分
景況DI値は3ヶ月ぶりに改善〜一部の業界では人材確保が課題〜
2015-11
(No.666)
景況レポート9月分
景況感は2ヶ月連続で悪化〜非製造業で悪化傾向が強まる〜
2015-10
(No.665)
景況レポート8月分
県内景況は足踏み状態〜個人消費、公共工事等需要が低迷〜
2015-9
(No.664)
景況レポート7月分
製造業、非製造業ともに悪化割合が縮小
2015-8
(No.663)
景況レポート6月分
一部の製造業において受注が好転
2015-7
(No.662)
景況レポート5月分
景況DI値が2ヶ月連続で上昇〜一部の業種で受注増加の動き〜
2015-6
(No.661)
景況レポート4月分
製造業・非製造業とも景況DI値が好転
2015-5
(No.660)
景況レポート3月分
非製造業の業況悪化に歯止めかからず 〜需要低迷・個人消費の低迷続く〜
2015-4
(No.659)
景況レポート2月分
景況DI値が3年7ヶ月ぶりに−40台まで悪化 〜回復感見られず〜
2015-3
(No.658)
景況レポート1月分
県内景況は依然として低調に推移
2015-2
(No.657)
景況レポート12月分
円安の進行等により製造業の景況が悪化
2015-1
(No.656)
景況レポート11月分
DI値が再び悪化に転じ、一進一退の状況が続く
2014-12
(No.655)
景況レポート10月分
コスト上昇の影響で、景気回復は実感できず
2014-11
(No.654)
景況レポート9月分
製造業DI値が21.8ポイント悪化 〜コスト上昇により売上、収益ともに悪化〜
2014-10
(No.653)
景況レポート8月分
コスト上昇が懸念材料 〜県内景況は依然として低調に推移〜
2014-9
(No.652)
景況レポート7月分
依然として原材料費等のコスト高が続く
2014-8
(No.651)
景況レポート6月分
景況は依然として低調に推移 〜原材料の高騰により製造業が悪化に転じる〜
2014-7
(No.650)
景況レポート5月分
景況は依然として低調に推移 〜原材料の高騰により製造業が悪化に転じる〜
2014-6
(No.649)
景況レポート4月分
非製造業の売上が大幅に悪化 〜消費税増税前の駆け込み需要による反動減〜
2014-5
(No.648)
景況レポート3月分
新車販売や家電販売等が好調に推移 〜消費税増税後の反動減を懸念〜
2014-4
(No.647)
景況レポート2月分
DI値はマイナス一桁台を維持 〜消費税増税前の掛け込み需要が旺盛〜
2014-3
(No.646)
景況レポート1月分
建設関連、新車販売、家電販売が依然として好調 〜コストアップ分の価格転嫁と収益の確保に課題〜
2014-2
(No.645)
景況レポート12月分
DI値は前月を下回るものの、好調を維持
2014-1
(No.644)
景況レポート11月分
景況DI値が16年ぶりにプラスに転じる 〜消費税増税前のかけ込み需要が影響〜
2013-12
(No.643)
景況レポート10月分
建築関連や高額商品の売上が好調 〜景況感に改善傾向〜
2013-11
(No.642)
景況レポート9月分
景況は3ヶ月ぶりに悪化 〜コストアップにより収益が悪化〜
2013-10
(No.641)
景況レポート8月分
消費税増税前の駆け込み需要か 製材・建設・建築資材などが好調
2013-9
(No.640)
景況レポート7月分
DI値が9年ぶりの水準に回復
2013-8
(No.639)
景況レポート6月分
消費税増税前の駆け込み需要の影響か 設備操業度・雇用人員のDIが急上昇
2013-7
(No.638)
景況レポート5月分
円安によるコストアップが収益を圧迫
2013-6
(No.637)
景況レポート4月分
円安の影響で業況に明暗 〜国産材の利用・国内生産が増加〜
2013-5
(No.636)
景況レポート3月分
県内景況は低調に推移 〜一部業界に持ち直しの動き〜
2013-4
(No.635)
景況レポート2月分
製造業・非製造業とも横ばいで推移 〜木材・木製品製造業に若干明るい兆し〜
2013-3
(No.634)
景況レポート1月分
DI値は3 ヶ月ぶりに下降 〜寒波と大雪の影響により消費が停滞〜
2013-2
(No.633)
景況レポート12月分
製造業・非製造業とも横ばいで推移〜個人消費は依然として低調〜
2013-1
(No.632)
景況レポート11月分
DI値が5ヶ月ぶりに上昇〜製造業・非製造業ともに改善〜
2012-12
(No.631)
景況レポート10月分
DI値は4ヵ月連続で下降
2012-11
(No.630)
景況レポート9月分
DI値は3ヵ月連続で下降〜食品・繊維製造で猛暑の影響大〜
2012-10
(No.629)
景況レポート8月分
製造業・非製造業ともにDI 値は下降〜繊維製品は依然厳しい状況〜
2012-9
(No.628)
景況レポート7月分
非製造業のDI値が下降〜商店街・小売業が苦戦〜
2012-8
(No.627)
景況レポート6月分
DI値はほぼ横ばいで推移〜自動車販売は依然好調〜
2012-7
(No.626)
景況レポート5月分
DI値は.21.2でわずかに上昇〜節電対策等により一部業界に持ち直しの動き〜
2012-6
(No.625)
景況レポート4月分
県内景況は低水準で推移〜自動車販売はエコカー補助金復活で好調〜
2012-5
(No.624)
景況レポート3月分
原油価格の高騰により収支悪化〜経営は依然厳しい状況〜
2012-4
(No.623)
景況レポート2月分
県内景況は前月と同水準で推移〜エルピーダメモリ(株)の影響で先行きに不安〜
2012-3
(No.622)
景況レポート1月分
寒波や大雪の影響などで消費が停滞〜TDK(株)の生産拠点の集約化による影響が懸念される〜
2012-2
(No.621)
景況レポート12月分
一部業種を除き、依然厳しい状況が続く
2012-1
(No.620)
景況レポート11月分
県内景況は依然足踏み状態〜一部業種で持ち直し基調〜
2011-12
(No.619)
景況レポート10月分
製造業が前月比で大幅に悪化〜円高・原材料高の影響が深刻〜
2011-11
(No.618)
景況レポート9月分
製造業は衣・食・住を中心に売上が増加
2011-10
(No.617)
景況レポート8月分
原油高、円高によりDI値が後退
2011-9
(No.616)
景況レポート7月分
製造業DI値が大幅に回復〜8指標全てが前月を上回る〜
2011-8
(No.615)
景況レポート6月分
復旧支援、節電対策により一部業界に持ち直しの動き
2011-7
(No.614)
景況レポート5月分
大震災の影響根強く、県内景況は低迷
2011-6
(No.613)
景況レポート4月分
自粛ムードにより消費減退〜非製造業のDI 値は低水準で推移〜
2011-5
(No.612)
景況レポート3月分
県内景況は大震災の影響により大幅に悪化〜自粛ムードに懸念〜
2011-4
(No.611)
景況レポート2月分
一部業界に回復の兆しだが、大震災の深刻な影響が懸念される
2011-3
(No.610)
景況レポート1月分
大雪の影響で業界に明暗
2011-2
(No.609)
景況レポート12月分
製造業の景況DIが54ヵ月ぶりにマイナスを脱した
2011-1
(No.608)
景況レポート11月分
全体の景況DI値は5ヵ月連続で上昇
2010-12
(No.607)
景況レポート10月分
製材関連は操業度が上昇
2010-11
(No.606)
景況レポート9月分
収益状況は依然として厳しい
2010-10
(No.605)
景況レポート8月分
景況はわずかに上昇〜猛暑の影響で業界に明暗〜
2010-9
(No.604)
景況レポート7月分
回復感は弱いながらも、DI値は3ヵ月ぶりに上昇
2010-8
(No.603)
景況レポート6月分
製造業・非製造業ともに売上が減少
2010-7
(No.602)
景況レポート5月分
製造業はDI値が5ヵ月連続で上昇
2010-6
(No.601)
景況レポート4月分
DI値は4ヵ月連続で上昇
2010-5
(No.600)
景況レポート3月分
DI値は3ヵ月連続で上昇するも一部業種を除いて依然厳しい状況
2010-4
(No.599)
景況レポート2月分
厳しさ続くも悪化度合はやや緩和
2010-3
(No.598)
景況レポート1月分
 厳しい経営環境に明るさ見えず〜売上低下の業界多く〜
2010-2
(No.597)
景況レポート12月分
 景況は製造業・非製造業ともやや減退〜家電・自動車販売以外は依然として低迷〜
2010-1
(No.596)
景況レポート11月分
 業界全体のDI値はマイナス67.1に後退〜家電や自動車販売以外は厳しい状況変わらず〜
2009-12
(No.595)
景況レポート10月分
 自動車販売は4 カ月連続で前年を上回る
2009-11
(No.594)
景況レポート9月分
 自動車販売は3カ月連続して好調〜建設業界は先行き不安の声〜
2009-10
(No.593)
景況レポート8月分
 自動車販売、家電販売に好況感〜経済対策の効果か〜
2009-9
(No.592)
景況レポート7月分
 景況の厳しさは変わらず〜DI値は−50台〜
2009-8
(No.591)
景況レポート6月分
 製造業・非製造業ともDI値が上昇〜非製造業は1年2カ月ぶりに−50台に回復〜
2009-7
(No.590)
景況レポート5月分
 DI値は−60台を維持〜非製造業は3カ月連続で上昇〜
2009-6
(No.589)
景況レポート4月分
 DI値は5カ月ぶりに−60台に回復〜非製造業は2カ月連続で上昇〜
2009-5
(No.588)
景況レポート3月分
 製造業のDI値は4カ月ぶりに上昇〜先行き不透明な状況は変わらず〜
2009-4
(No.587)
景況レポート2月分
 景況DI値は過去最低値を記録〜製造業・非製造業ともにDI値は下降〜
2009年3月以前のバックナンバーへ

Copyright 2013 秋田県中小企業団体中央会 http://www.chuokai-akita.or.jp/