日本列島組合探険隊
共同受注を通じた
生産性向上
組合員の経営基盤の強化を支援
〜福島県建設業協同組合(福島県)〜
◆背景と目的
 建設工事の量的拡大に伴う資材の調達面と工事代金決済までのタイムラグなどの諸問題を解決するため、組合が県等の助言を受けて、メーカー等との連携のもと、共同購入事業を実施した。
◆事業・活動の内容
 組合員の共同受注と施工進捗に合わせた資材の適宜納入を図るため、組合員からの資材注文は組合が窓口となって行い、同時にメーカー等へ価格交渉を含めて発注する。資材はメーカー等から直接工事現場に納入させる。その後、メーカーからの代金請求を受けて、組合が直接支払う。この作業に併せて、組合員に資材代金の請求を行い、組合員は所属する地区単協を経由して、代金決済が完了する。
 工事については、窓口となる企業を1社決めて、全体の管理にあたらせている。
◆成果
 組合員にとっては、良質な建設資材を最優遇価格でタイムリーに安定供給を受けることが可能となり、発注者が求める建設工事を提供し、員外者との差別化が図られ、信頼性も確保している。また、組合は事業実施による剰余が発生した場合、配当を行うなど常に組合員への利益還元に努めている。

・コンクリート二次製品
・コンクリートブロック
 道路関係, 河川関係, 農業土木関係, 下水道関係, その他
・生コンクリート及び砕石
・鉄鋼二次製品
 土木製品, 農業土木関係, その他
・その他の土木用資材


【組合の概要】
所在地:福島市五月4-25
電 話:024-521-1227
設 立:昭和29年11月
組合員:325名

共同受注を通じた
生産性向上
厳しい認定基準で、安心・安全な組合ブランドを確立
〜静岡県こだわりの味協同組合(静岡県)〜
◆背景と目的
 地方への全国チェーンの大型スーパーの出店過多により、地元中小スーパーの閉店・廃業が相次いだ。そこで、地方の食品メーカーやスーパーなどの販売店は、「原料」「添加物」「味」「価格」などに徹底的にこだわった商品開発を行い、地元スーパーなどで共同販売をすることにより、地方の中小食品メーカーの活路を切り拓くために組合を設立した。
◆事業・活動の内容
 組合は、組合員の商品を@県内産又は国内産原料の使用、A食品添加物を加えていない、B美味しい、C高価でないなどの認定基準により、第三者を含む商品認定委員会で審査を行う。認定された商品には、「自然の味そのまんま」という認定ラベルが貼られ、地元スーパーなどで販売される。同時に、Web上に食品履歴を検索できるトレーサビリティシステムを構築するなど、商品の透明性も限りなく追求している。また、認定後も抜き打ちで使用原料の検査を行うなど、安心・安全に向けた努力には余念がない。
◆成果

認定ラベル
 組合員からの認定申請商品のうち、認定委員会での合格商品は約2割である。この厳しい認定基準に合格した商品のみが認定ラベル「自然の味そのまんま」を使用できる。このため、認定商品は原料の安全性を追求し地産地消を推進する商品として、消費者の認知度を獲得し、組合員の信頼や売り上げ増加に繋がるとともに、販売店の注目度も高めてきた。また、共同事業を行うことで受発注・物流・販売促進などが共同化でき、組合員のコスト軽減も図られている。


【組合の概要】
所在地:静岡市駿河区広野2-17-15
電 話:054-268-0134
設 立:平成8年12月
組合員:42人
※本コーナーは、全国中央会が取り纏めた「企業組合事例集」をもとに編集しています。



Copyright 2008 秋田県中小企業団体中央会 http://www.chuokai-akita.or.jp/