フロム情報連絡員
D.I値が好転 売上高、販売価格が上向く
情報連絡員80名
回答数  76名
回答率 95.0%
3月分


図の見方●前年同月比の【D.I値】をもとに作成しております。

○ 情報連絡員報告による3月分の県内景況は、前年同月比で、業界全体のD.I値は-32.9ポイントで前月調査と比較して6.5ポイント好転した。製造業では、-20.0ポイントで前月より9.3ポイント悪化。非製造業では-41.3ポイントで14.9ポイント好転した。木材・木製品業界の厳しさ(昨年が好況を呈していたせいもある)が製造業のD.I値を引き下げ、卸・小売の改善が全体のD.I値の引き上げ役となったと見られる。


対前年同月比
好転悪化割合 業界全体


業界の声
☆豆腐は取引先スーパーの値引きによる製品価格の低迷で、生産量の増加が売上げ増につながっていない。         
(食料品)

☆清酒の出荷量は2,983で、前年同月比94.4%と減少している。
(食料品)

☆ニットは春夏物生産の最盛期に入り、前月に続き売り上げが好調。
(繊維・同製品)

☆製材市況は悪化傾向。特に住宅品質確保促進法が4月から施行されることから問屋筋が模様眺めの状況。プレカットの売上げは前月比ではかなりの増加をみた。
(木材・木製品)

☆年度替わりの需要期を迎え、前月比では景況は上向いているものの、前年比では県南部を除き、売り上げ・価格面で減少している。
(印刷)

☆出荷数量は、前月比では91.6%、前年比でも83.6%といずれも減少。高速道路関係の特需のある地区以外では対前年比20%以上の減少となった。
(生コンクリート)

☆鉄鋼は見積もり件数が増えているが、安価での競争状態で、売上高の増加に結びついていない。機械は廃棄物処理関係で引き合いがあるものの、地元受注が少ない。IT関連は基盤・応用機器の増産で繁忙を極めている。
(機械・金属)

☆清酒は、漸く前月・前年比とも微増となった。焼酎も好調。ビールは発泡酒に比べ元気が無く、前年を割っている。洋酒類は暫くぶりに前年を上回り、発泡酒・リキュール等は依然として好調を持続、全体として前年を多少上回った。
(酒類卸売)

☆小売価格は全般的に若干の値上がりであるが、傾向としては横這い。
(石油小売)

☆飲・食料品は転勤・異動時期にあたり、賑わいを見せた。衣料品は大型店の安売りが続き、依然として売れ行きは低調となっている。
(商店街)

☆需要は前月比179%と大幅増加、前年比でも7.4%増加した。
(自動車整備)

☆利用者の減少も多少止まったものの回復の実感は  ない。昨年並みを漸く確保している。
(タクシー)

☆公共工事・民間工事とも物件が減少。土木工事も受注量が低水準のまま推移している。
(建設)

☆輸送量は前年並を確保。食品類が増加傾向にある。運賃水準は依然低い。
(運輸)

☆高速道路関連工事、公共工事の仕上げ等で、洗砂の出荷数量は前月比、前年比とも増加。骨材も公共工事の路盤材関係の荷動きが若干活発な地域もあった。
(砂利採取)


 連絡員の素顔 
  vol.13

秋田酒造(協)
事務局長 高橋 章氏 

■業界の現状─
 現在の酒類業界はコンビニやディスカウント店などの新業態店の増加による流通構造の変化や若い世代を中心としたライフスタイルの変化などによる日本酒離れが進んでおり、非常に厳しい経営環境となっています。
 また、自動販売機の時間規制など未成年者に対する飲酒の防止対策が一段と強化される傾向にあり、今後とも清酒需要に大きな影響が懸念されています。

■今後の事業展開について─
 若い世代の日本酒の需要開拓が今後の課題です。そのためには、これまで以上に産・学・官の連携を強め、新酵母の開発や新酒造好適米の研究開発、麹菌の新種開発など、多様化した消費者ニーズに合わせた製品作りが必要です。
 松尾芭蕉の「不易流行」の言葉どおり、日本酒ブームの到来へ新たな流れを作りたいですね。

■ホームページに積極的に取り組んでいますね─
 平成9年度から労働省の人材確保推進事業に取り組んできました。この事業の計画策定に当たり、ホームページの立ち上げに必要な費用を認めてもらえたのは、秋田県中央会さんの献身的なアドバイスのお陰です。全国で2例目でしたから、だいぶ苦労しました。
 現在、ホームページによる流通チャネルの開拓に取り組んでおり、販路の拡大を考えています。これからはアンテナショップへの展開など県産酒をもっとPRしていきたいと思っています。



→目次へ

Copyright (c)2000 秋田県中小企業団体中央会
URL http://www.chuokai-akita.or.jp/