index|当組合について商品紹介1商品紹介2
角館工芸協同組合
  当組合について 商品紹介1 商品紹介2

 角館の樺細工は、江戸時代中期(1781年〜1788年)が始まりと伝えられ「桜皮細工」とも呼ばれています。
 昭和17年、角館を訪れた近代民衆工芸運動の先駆者・柳宗悦は、樺細工を「日本の樹である桜が皮として使われる日本固有のものである」と、国際的視野から評価しています。
 印籠・文箱などから始まり、現在では茶筒・トレー・菓子器etc......デザインもバラエティに富んでいます。角館の樺細工は精魂込めた工人の技によって生まれる伝統のブランドです。

組合員ホームページへ  (株)秋田銘商  角館木材加工(有)

角館工芸協同組合
〒014-0314 秋田県仙北郡角館町岩瀬字外ノ山18
TEL:0187-53-2228 FAX:0187-53-2293
e-mail : giftkaba@sirius.ocn.ne.jp