秋田県漬物協同組合公式サイト

▶お問い合わせ ▶サイトマップ

沿革と現況

秋田県漬物協同組合は、昭和49年に漬物製造業、卸売業の組合員21名をもって設立され、平成9年には全日本漬物協同組合連合会、東北漬物協会に加入し現在に至っております。組織は、理事長、副理事長、理事、監事をもって構成され、漬物食品について堅実な歩を続けています。本県の漬物原料は、大根、きゆうり、茗荷、山ごぼう、山菜等があり、本県特有の調味によって加工され需要に供しています。また、特産品としては、いぶり漬け、きゅうり漬、山菜漬、またはこれらの味噌漬、 醤油漬などです。主な活動内容は、全日本漬物協同組合連合会をはじめ行政諸官庁指導のもと衛生管理対策を目的とした講習会の開催や漬物製造管理士の技能評価試験の実施、漬物コンテスト(漬物グランプリ)への積極的な参加による新商品の開発、県産漬物のPR活動などです。これまでの代表的な全国レベルの組合活動は、平成15年8月に秋田県大潟村にて「第7回全国名産漬物地域特産品委員会秋田大会」を開催しました。


概 要

組織名 秋田県漬物協同組合
所在地 〒019-0112 秋田県湯沢市下院内字常盤町91 事務局 株式会社 雄勝野きむらや内
TEL 0183-52-3651
F A X 0183-52-4570
設 立 昭和49年7月3日
会員数 8名
ホームページアドレス http://www.chuokai-akita.or.jp/gakko/
事業内容 1. 組合員の取り扱う漬物の共同販売
2. 組合員の取り扱う漬物用原材料および副資材等の共同購買
3. 組合員に対する事業資金の貸付け(手形の割引を含む)及び組合員のためにするその借入れ
4. 商工組合中央金庫、日本政策金融公庫、銀行、信用金庫、信用協同組合に対する組合員の債
務の保証又はこれらの金融機関の委任をうけてする組合員に対するその債権の取立て
5. 組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供
6. 組合員の福利厚生に関する事業
7. 前各号の事業に附帯する事業

役 員

理事長 木村 養市
副理事長 北林 鉄美
理 事 木村 吉伸