秋田県漬物協同組合公式サイト 秋田の漬物 いぶりがっこ

▶お問い合わせ ▶サイトマップ

秋田県漬物協同組合は、中小企業等協同組合法に基づき、県漬物食品業の発展と地域社会の振興に寄与することを目的に設立された団体です。「いぶりがっこ」をはじめとしたわが県の伝統食品である漬物を守り、かつ新しい味として育てるとともに、時代のニーズ にこたえての環境整備など堅実な歩を続けています。当組合は、秋田県内の漬物製造業、漬物卸売業、漬物小売業の方により構成されており、全日本漬物協同組合連合会及び行政諸官庁と連携した「衛生管理対策」、「県産漬物のPR」、「漬物製造管理士の技能評価試験」など漬物の安心と安全をはじめとする啓蒙活動や需要基盤の拡大に努めています。

いぶりがっこ

いぶりがっこ

秋田県の代表的なお漬物といえば、「いぶりがっこ」

いぶりがっこは、秋田県の内陸南部地方に古くから伝わる漬物で大根または人参を囲炉裏の天井につるし、燻煙乾燥という独特の乾燥法で燻製にしてから米糠と塩で漬け込み込みます。いぶりがっこは、風味に特徴があり、「秋田いぶり漬け」、「いぶり漬け」、「いぶり沢庵」とも呼ばれています。

また、いぶりがっこと並ぶ県南地方の伝統漬物、茄子の「花ずし」は味はもちろん彩りも豊で見た目にも美味しい漬物です。 また大根漬けの生漬けの代表的な漬物として、大根の「なた漬け」があります。ザクザクと歯ざわりの良い食感と爽やかな風味が楽しめます。

※ 「いぶりがっこ」は、雄勝野きむらやの登録商標です。
(登録商標 いぶりがっこ 第1588021号)

漬物製造管理士

漬物製造管理士・技能評価試験2017

漬物製造管理士・技能評価試験について

全日本漬物協同組合連合会(以下、全漬連)では、漬物製造・販売に従事する者の技術・技能及び知識の程度を評価すると同時に、 さらに必要な技術・技能等の向上を図り、また、伝統文化の継承と新たな技術の発展に貢献し、漬物業界の経済的、社会的地位の 向上に資することを目的とした漬物製造管理士制度を構築し、技能評価試験を実施しています。

技能評価試験の受検資格について

全日本漬物協同組合連合会会員で、原則として漬物製造管理職種に関する実務経験が必要です。この実務の経験の範囲の範囲には、職場での作業のみならず営業、管理、監督、訓練、教育及び研究等の業務の期間が含まれます。受検する場合は、事業主の経験証明書を添付する必要があります。 ※当組合員は、全漬連の正会員です。

加盟企業の紹介

雄勝野きむらや

雄勝野きむらや

里山村

里山村

斎藤昭一商店

斎藤昭一商店

里山村

田代食品

(株)雄勝野きむらや (株)里山村
(有)斎藤昭一商店 (有)石川食研
(株)田代食品 松倉農産物加工所
大曲野菜加工所 能代みょうが