秋田県印刷工業組合Akita Printing Industrial Association
業態変革ミニマム

地上デジタル放送
次世代テレビとも言われる地上デジタル放送が、平成15年12月1日に関東、中京、近畿の3大都市圏でスタートした。秋田県でも平成17年12月1日からNHK秋田放送局が本放送する。秋田県内の民放3社(秋田放送、秋田テレビ、秋田朝日放送)も平成18年6月〜10月にかけて放送を始める。
 印刷業界としても、この変化を捉えビジネスチャンスにコアビジネスとして付加価値を構築できる体質にしなければならない。
デジタル化の目的
〔1〕放送サービスの高度化
〔2〕電波の有効活用
〔3〕IT戦略の柱
〔4〕電子産業の振興
地上デジタル放送の特徴
〔1〕 ハイビジョン放送が可能
〔2〕5.1chサラウンド音声
〔3〕携帯受信向けワンセグサービス
〔4〕データ放送・字幕放送
〔5〕EPG(電子番組表)
〔6〕マルチ編成
〔7〕双方向機能
放送の技術革新(これまでと何が違う)
〔1〕民放やケーブルも一斉にデジタル化(国策)
〔2〕消えるアナログ放送(2011年7月24日終了)
〔3〕NHK、民放、他メディア(携帯・インターネット)の競合
デジタルコンテンツ産業としての期待
〔1〕災害情報・ウェイクアップ機能
〔2〕データ放送のエンターテイメント利用
〔3〕アーカイブ等デジタルコンテンツの流通促進
〔4〕高齢者向けデリバリーサービス
〔5〕テレビショッピングの進展


トップページに戻る
 
■組織図 ■役員名簿 ■常設委員会の活動 ■組合員一覧 ■組合加入のメリット
■印刷の豆知識 ■印刷の歴史 ■定款 ■業態変革ミニマム ■個人情報保護方針 ■リンク集 ■求人情報