よくあるご質問 Q&A  ― モデム・利用機器・周辺機器について ―

Q1−どのような機器を準備する必要がありますか?

LANケーブルを接続する端子(10BASE-Tまたは100BASE-TXケーブルのインターフェース)のあるパソコンが必要です。
ただし、LANケーブルを接続する端子がないパソコンであっても、お客様ご自身でLANボードまたはLANカードをご用意して取り付けていただくことによりADSLを利用することができるようにます。
※LANボードまたはLANカードのご購入と取り付けに関しては販売店・パソコンメーカー等へお問い合わせください。
フレッツADSL利用タイプのみ
ADSLモデムをご自身でご用意する場合は、別途フレッツADSL対応のADSLモデムをご用意ください。


Q2−ADSLを利用するためのパソコンに制限はありますか?

10BASE−Tまたは100BASE-TXのLANインターフェイスおよびTCP/IPをサポートしているOSを搭載したパソコンであれば基本的にご利用いただけます。
また、ADSLモデム設定の際には最新のブラウザ(InternetExplorer、Netscape等)で日本語を表示できる環境が必要となります。


Q3−レンタルできるモデムはどんな種類ですか?

TOHKnet利用タイプの場合
現在ルータータイプのモデムのみとなっております。
フレッツADSL利用タイプの場合
LANインターフェース(10BASE-Tまたは100BASE-TX)で接続するブリッジタイプのADSLモデムとなります。

Q4−無線LANに対応していますか?

一般的な無線LANの機器ならばご利用は可能と思われます。各社無線LANのメーカーにお問い合わせ下さい。
※無線LANのサポートおよび動作保証はしておりません。
フレッツADSL利用タイプのみ
無線LANに対応しているNTT東日本のADSLモデム、またはフレッツ・ADSL対応ロゴが表示されている市販のADSLモデムであれば、接続できることが確認されています。


Q5−ADSLモデムが故障した場合の費用はどうなりますか?

TOHKnet利用タイプの場合
通常の使用方法にて故障した場合は、無料にてお取り替えいたします。
お客さまの故意または過失により故障した場合は、所定料金をお客さまにご負担いただきます。
フレッツADSL利用タイプの場合
レンタルモデムの場合は、NTT東日本にお問合せください。
ご自分で用意された場合は、購入された販売店、またはメーカー等へお問合せください。


Q6−複数のパソコンで同時にインターネットを利用できますか?

TOHKnet利用タイプの場合
レンタル提供されるADSLモデムはルータータイプですので、複数台のパソコンでインターネットを利用できます。
ただし、2台以上のパソコンをモデムに接続するためにはモデムとパソコンの間にハブを追加する必要があります。
ハブやLANケーブルなど必要な機器はお客様ご自身でご用意ください。
フレッツADSL利用タイプの場合
ブリッジタイプ(NTTからレンタルされるモデムなど)のADSLモデムを使用している場合は、ADSLモデムとパソコンの間にPPPoE対応のルータを接続することで、複数のパソコンで同時にインターネットが利用できるようになります。
(ルータータイプのADSLモデムの場合は、単独で複数台のパソコンでの利用が可能です)


Q7−市販のモデムを持っているのですが、利用できますか?

TOHKnet利用タイプの場合
申し訳ございませんがご利用いただけません。レンタル提供されるADSLモデムをご利用下さい。
フレッツADSL利用タイプの場合
NTT東日本のADSLモデム、またはフレッツ・ADSL対応ロゴが表示されている市販のADSLモデムであれば利用できます。
ただし、お客様のサービスタイプ(モアU、モア、8M)に対応している必要があります。


Q8−モデムの設置はどのような場所にしたらよいですか?

ADSLモデムは、テレビ、ラジオ、電子レンジその他の電気機器の影響を受けることがありますので、できる限りそれらの機器とは離して設置することをお勧めします。

Q9−モデムの設置は自分でできますか?

モデムに電話線を接続するだけの簡単な作業ですので、ほとんどの場合お客様ご自身で設置することができます。
モデムの設置や設定、配線等で自信がない方には、申込の際に提携の工事業者をご紹介いたします。
(料金等については工事担当者にご相談ください)


Q10−スプリッタを複数設置していても問題はありませんか?

スプリッタを複数設置すると、電話等のサービスへ影響を及ぼす可能性があることから、推奨しておりません。現在、他のサービス等への影響が確認されいてる事象は以下のとおりです。
  • 電話品質が悪くなる。
  • ナンバーディスプレイが使えなくなる。
  • アナログモデム等の通信が正常にできない。
  • FAX通信に時間がかかる。
  • PB信号が正常に送信できない場合がある。
  • ADSL通信が遅い、繋がらない場合がある。など

Q11−すでに電話回線を分岐してるのですがスプリッタはどこに取付ければよいですか?

配線分岐点より保安器側に近い場所にスプリッタを設置します。その際、別途配線工事が必要となる場合があります。
(配線工事については工事担当者とご相談ください)
また、屋内配線の状態によっては電話に雑音が入る、 ADSLの通信が遅い、繋がらない等の現象が発生する場合があります。


Q12−出張時など契約回線以外の場所から利用できますか?

ご契約いただいた回線以外からのADSL接続はできません。

Q13−ISDNのTAやDSU、パソコン内蔵のFAXモデムはADSLモデムとして使えますか?

ADSLサービスを利用するためには弊社指定のADSLモデム以外はご利用いただくことができません。
FAXモデムについては、スプリッタの電話機側に接続することで、FAXモデムとして利用することができます。


Q14−レンタル中のADSLモデム、スプリッタを「買取」に変更することはできますか?

TOHKnet利用タイプの場合
申し訳ございませんが、レンタル中のADSLモデムは買取に変更することはできません。
フレッツADSL利用タイプの場合
NTTよりレンタル中のADSLモデムにつきましては、NTT東日本にお問合せください。


Q15−サーバーを立てることは出来ますか?

固定IPアドレスでの接続ではないため、サーバー用途には適しておりません。

Q16−初心者なのでパソコンの設定も頼みたいのですが?

申込の際に提携の工事業者をご紹介いたしますので、パソコンの設定をご依頼下さい。
(料金等については工事担当者にご相談ください)