よくあるご質問 Q&A  ― ADSLについて ―

Q1−ADSLとは何ですか?

ADSLとはAsymmetric Digital Subscriber Line(非対称デジタル加入者回線)の略で、一般の電話回線(アナログ回線)で高速通信を可能にするインターネット接続サービスです。
上り(パソコン→インターネット)と下り(インターネット→パソコン)の通信速度が異なることで下り方向のデータ通信が多い場合(データの多いホームページの閲覧や、ファイルのダウンロード等)に適しています。


Q2−ADSLの回線速度はどのくらいですか?

下りは最大47Mbps(47Mタイプ)、40Mbps(40Mタイプ)、24Mbps(24Mタイプ)、または12Mbps(12Mタイプ)、8Mbps(8Mタイプ)で、上りは最大1Mbps(47Mタイプでは最大5Mbps)が規格上の最大速度です。ただし、お客さまの回線状況やご利用環境により実際の速度は変動しますので、最大速度を保証するものではありません。

Q3−サービス提供地域内でもADSLが利用できないことがありますか?

NTTの適合確認の結果により、お客さまのお宅より収容局までの間に、1箇所でも光ファイバー化された区間がある場合(光収容)ご利用いただけません。
(NTTの光収容替え工事を行うことにより利用可能となる場合がありますが、この場合の工事費はお客様の負担となります)
お客様のお宅から収容局までの距離が長いためADSL通信に適さない場合、ご利用いただけません。
(お客さま宅とNTT局との間の距離が長い場合は、十分に速度が出ない場合があります)


Q4−電話回線共用タイプ(タイプ1)とADSL回線専用タイプ(タイプ2)とは何ですか?

電話回線共用タイプ(タイプ1)
現在ご利用中の電話回線(アナログ)でADSLをご利用いただけます。
通常の電話やFAXも同時にご利用いただけます。(但し電話の基本料金や通話料金は必要です。)
ADSL回線専用タイプ(タイプ2)※当サービスではタイプ2は扱っておりません
現在ご利用中の電話回線とは別にADSL通信専用の回線を施設します。


Q5−電話回線共用タイプ(タイプ1)と併用できない電話付加サービスはありますか?

以下のサービスはADSL通信と併用できません。
  • ホームセキュリティなど、電話回線を使った監視システムをご利用の場合
  • 電気、ガス、水道の検針を遠隔地から行うノーリンギングサービスをご利用の場合
  • オフトーク通信サービス(NTT情報提供センターから地域や生活に関する各種情報の提供サービス)をご利用の場合
  • ダイヤルインの追加番号

*ご利用のサービス提供会社でご確認ください。

Q6−IPアドレスは常に固定ですか?

固定ではありません。ADSLモデムにグローバルIPアドレスを1個動的に割当てます。
パソコン(LAN側)の方は、ADSLモデムのDHCP機能を使用し、プライベートアドレスを割り当てます。


Q7−ADSLで利用できないアプリケーションはありますか?

TOHKnet利用タイプの場合
ADSLモデムはルータタイプで、パソコンにプライベートIPアドレスの割り当てを行っているので、一部ご利用できないアプリケーションがあります。
また、基本的には利用できるが、モデムの設定が必要な場合や、一部の機能が使えないこともあります。(NetMeeting、IRC、ICQ等の一部機能、一部のオンラインゲーム等)
詳しくは各ソフトメーカーにお問い合わせください。
フレッツADSL利用タイプの場合
ブリッジタイプ(NTTからレンタルされるモデムなど)のADSLモデムを使用している場合は、パソコンにグローバルIPアドレスの割り当てを行っていますので、基本的にご利用になれます。
ルータタイプのADSLをご使用の場合、パソコンにプライベートIPアドレスの割り当てを行っているので、一部ご利用できないアプリケーションがあります。